活動報告

クリエイター200人祭りのメインビジュアルイラストを制作しました

こんにちは!
筋肉系イラストレーターかまたです。

最近、イベントの制作やサイトリニューアルの作業に追われ
まったくもって更新ができていない…orz

サイトリニューアルも予定ではもう完了してるはずなのに、伸びに伸びでいるし!
あともう少し!もう少し!

というわけでかなり久しぶりの更新ですが、今回はその制作チームとして参加していたイベント、
※クリエイター200人祭りのメインビジュアルイラスト制作についての制作インタビューを受けさせていただきました!

クリエイター200人祭り

イラストレーターさんを初め、いろんなクリエイターが参加する一大イベント。
https://thecreative.jp/bakuhatsu2018/

(イベントは終了いたしました。)

んで、なかなかブログ更新できてないな〜…

ん?インタビューですか?OKですよ〜…

お?これブログ記事になるんじゃない?

よし!載せちゃおう!

というお話です。

今回、フリーで活躍されているWEBデザイナー、
藤井ふらりさんがインタビュアーとしていろいろお話させていただきました!

今回のインタビュアー

旅するWEBデザイナー

藤井ふらりさん

HP:https://ateliertampopo.com/


ふらりさん

ではメインビジュアルイラスト担当のかまたさんに、
制作秘話をお伺いしたいと思います!


よろしくおねがいします〜


かまた


ふらりさん

今回のメインビジュアルイラストといえば、
何と言っても盛り盛りなワカヤマくんの筋肉!ですよね。

なぜこんなにスタイルアーーーップしたのでしょう?

そうですね〜、
なぜと言われるというとズバリ!筋肉が好きだから!ということになりますかね(笑)

元々ワカヤマくんの外見の設定(?)はマッチョじゃないですか。
筋肉好きとしてはモリモリに描きたい気持ちが出てくるというか。
私の理想のマッチョならこうだ!という熱く滾る筋肉愛(LOVE)がそうさせた感じですね〜。

あと、特に画風の制限はなかったので
歴代のワカヤマくんは可愛い感じのが続いていたから
それとはまた違った雰囲気にしたかったというのもありますね。

我ながらいい感じにバルクアップできたかなと満足しております(^^)


かまた


ふらりさん

完全に趣味に走ったと(笑)

でもその一方で、今回のタイトル通り、
見事に最強のワカヤマくんが爆誕したわけですね~!


そうですね、爆誕できました(笑)。

今回、イベント開催が10月で季節的にハロウィンが近かったので
コンセプトは【ハロウィンゴルゴ】ということになってました。
なぜゴルゴかというと、
イベント名に【〜悩みを狙い撃ち!〜】というところから、
狙い撃つ⇒ゴルゴ13だね!と。

なので、ワカヤマくんにはライフルを構えてもらってます。

ワカヤマくんにはドラキュラのマント、
脇役キャラはミイラと狼男、
パンプキンとおばけを配置してハロウィン感を出しました。

ちなみに、
そのままだったらイベントの主旨が物足りないので脇役キャラの設定として
ミイラは子持ちのママライター、
狼男はWEBデザイナーをイメージして
PCなどアイテムを持たせてます。

あとはメインビジュアルなので、
バックをカラフルに集中線を引くことで飛び出してる感じを出して
兎に角目立つようにと仕上げました。

目を引くビジュアルになってるかな〜?と心配してましたが、
メンバーには概ね好評のようで安心しました。


かまた

当初のラフ案。
ハロウィンということで、バンプキンのおばけやお墓など、
最初は暗い感じになってました。
ミイラも狼男もとりあえず配置した感じなので、
特に設定はありませんでした。

そこでもう少しイベントのイメージを出すために、
【クリエイター】が主役なので、モンスター達に設定をつけてみました。

もう少しいくつかラフ案を出し、より迫力あるものを選び、

クリエイターの【お祭り】なので、
ハロウィンよりはもっと派手に賑やかにアイテムを配置したり装飾したりして、
今回のビジュアルへと完成しました。


ふらりさん

パッと見て目を惹くビジュアルですよね!賑やかでお祭りっぽいですし。

筋肉×ハロウィンという組み合わせも新しい(笑)

制作中 大変だったことや良かった点はどんなところでしょうか?


制作過程についてですが、
制作は基本一人で作業を進めるのでずっと画面に向かっていると思考が麻痺してくるというか、
自分の中でイラストが完結してしまわないようにするのが大変でした。

自分ではいいなと思っていても他人からはそう見えなかったり、
物足りなかったりして。

その点はよりブラッシュアップさせるために
他のメンバーから途中途中で意見や査定をしてもらって、
第三者の目を入れてもらえたのでとても助かりました。

また、意見をもらうことで新しい見方や手法を学べたりもできたので
修正するのは大変でしたが面白かったです。

あとは、恥ずかしい話なのですが
うっかり作成サイズを間違えて進めてしまっていた事に気がついて、
ほぼ完成状態から再度超特急でリサイズして描き直したこととか…(;´Д`)

何事も確認が大事!ととても良い教訓になりました。(^_^;)


かまた


ふらりさん

サイズ間違いは私もWebデザインでやったことがあります〜
クリエイターあるあるですかね^^;

制作ソフトは何を使われているかお聞きしても良いですか?


ラフ画〜線画・着色までは、iPadのメディバンペイントをいうソフトで、
仕上げはPCのPhotoshopで作業してますが、
作業の進め方もまだまだ試行錯誤中です。

できればiPadで完結できれば楽なんですがね〜。
でも最近、Photoshopでパスを駆使して着色することを覚えたので、
線画までiPad、着色〜仕上げPhotoshopになりつつありますね。


かまた


ふらりさん

Photoshopのパスで着色…!
イラストレーターさんの仕事してらっしゃる現場を見てみたいですね〜!
自分の場合Photoshopはもっぱら写真加工担当なので、
「そんなことできるんだ…!」ときっと衝撃的だろうなと思います。


ふらりさん

かまたさんは筋肉LOVE♡の筋肉イラストレーターさん!

迫力ある筋肉イラストがご入り用の方は、
是非かまたさんにお声掛けくださいね(^o^)/

200人祭りという大きなイベントでの
大きな仕事を経て

今まで、これだけ規模の大きなイベントに関わらせていただくことは初めてで
正直自分なんかで務まるのかと不安ではありましたが、
他のメンバーの丁寧なアドバイスやフォローもあって完成することができました。

周りの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

また、グループで協力してプロジェクトを進めて行くことの大変さや難しさも知ることができ、
とても貴重な経験になりました。

他のメンバーの皆さん、特に中心でグループの指揮をとっていたメンバーの方、
本当にありがとうございました!